受からない人には原因がある!転職で不安にならないためには?

受からない人の共通点とは?

面接試験で受からないということは不採用になる理由があるわけです。50社ぐらい受けているのに全く受からないという不安になっている人の場合は、「受からない人の共通点」に自分が気づいていないだけという可能性もあります。その「共通点」とは、いったい何でしょうか。

志望動機

面接では、どこの会社でも必ず志望動機を問われます。ここでありがちな回答をすれば、熱意を疑われる結果となってしまいます。面接官は採用のプロですから、これまでに数えきれないほどの転職希望者を見てきているのです。志望動機が弱い人の回答は、どうしても似たり寄ったりになる傾向があるので、「あまり熱意のない人」という判断をされて受からないというわけです。

履歴書や職務経歴書を使いまわしたり、応募書類の不備があったりした場合も同様です。本気で入社したいと思っているなら、細心の注意を払い、全力を尽くして面接に挑むべきでしょう。面倒かもしれませんが、1社1社丁寧に応募書類を作成して、自分の思いを伝えましょう。書類の不備は、1発アウトレベルのミスと思ってください。

発言内容がネガティブ

「今の会社は自分の能力を正当に評価していない」
「残業が酷く体調を崩しがちだから転職したい」

上記のように、責任が自分には全くないというような「他責」の発言は、面接官に敬遠されます。「自分も反省している」あるいは「それによって学んだことを今後に生かしていきたい」といった前向きの発言をすることが重要です。実際の原因がどこにあったのかは、たいした問題ではないのです。なお、現職(前職)の悪口を言ったら、1発アウトと思ってください。

まだまだある受からない人の共通点

第一印象に問題がある

人を見るプロといわれる採用担当の面接官でも、会ったばかりの人を、しかも、ほんのわずかな時間で完璧に見極めることはできません。彼らが「なんとなく話し方が暗い」「やる気がないように見えた」「清潔な印象がなかった」といったような、曖昧な理由で不採用にしているという事実を忘れてはいけません。

改めて、ビジネスマナーを学んでみてください。何か見落としているようなことがあるかもしれません。シャツが汚れていたり、メイクが濃かったりというのは論外です。話し方にも注意しましょう。
話し方で特に失敗しがちなのは、

  • 早口で喋る
  • 滑舌が悪い
  • 声が小さい
  • 敬語や丁寧語が使えない、あるいは、使い方がおかしい

などがあります。
話し方や立ち振る舞いには、どうしても長年の間に染み付いたクセが出てしまいます。役者になったつもりで、ゆっくり、ハッキリ、そして丁寧に話しましょう。

会話ができない

これもよくあるNGパターンです。

  • 自分ことばかり話している
  • 何を聞いても返事が短い
  • 質問の意図をはき違えた回答ばかりする

などはNGとなります。
面接官と「会話」をしているということを意識した返答をしていきましょう。
面接に受からなかった場合には、できるだけ早く気持ちを切り替えることも大事です。あなたの人格が否定されたわけではありません。

落ち込んだ気分をいつまでも引きずっていると、「どうせまたダメだろう」という気持ちになってしまい、それが面接時にネガティブな印象として現れてしまいます。「どうせダメだとは思うけど、とりあえず受けに来た」という態度は、ハッキリと面接官に伝わってしまうのです。

自分の第一印象や話し方などを直すのはなかなか難しいですが、就職エージェントに相談することで的確なアドバイスをしてもらえます。「マイナビエージェント」では、選考対策などのアドバイスや、転職コンサルタントのサポートを受けながら転職活動を進めることができます。

面接対策もしてくれるので、自分の欠点をしっかり指摘してもらってから、新たな気持ちで転職にチャレンジしてみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る