引越しを伴う転職は不安!冷静に転職活動を考えてみよう!

引越しを伴う転職を決断する前に、冷静に考えることが大事

安易な転職をすると先が見えなくなり不安に陥りやすいので注意

地元では自分自身がやりたい仕事が見つからず給料も少ないことから、都会に出てきて働きたいと考える人は少なからずいるようです。確かに地域によっては年収には大きな差があります。また、都心部には豊富な仕事の求人募集がかけられており、自分自身がやりたい職が見つけることができるのも事実です。

しかし、突発的に決断をするのはリスクが伴い、不安なことだらけなので、引っ越しを伴うような転職活動を行う前に冷静にプランニングをすることをオススメします。

他県に引越しをしてから転職活動をすることは、リスクが高い

他県に引越しをして転職をする場合、転職先を決めてから引越しをする場合は良いのですが、引越し後に転職を活動する場合はリスクが高くなることを知っておきましょう。そのリスクは大きく3つあります。1つ目は、土地勘がなく知り合いもいない場合は、その土地に慣れるだけでエネルギーを使います。その上で転職活動をするので精神的にも肉体的にも辛く挫折しやすいのです。

2つ目は、都心部は電車通勤がほとんどなので、勤めたい会社と自宅のアクセスが悪くて悩むなどの仕事選びに影響が出ることも懸念されます。せっかく見つけた求人だけど断念せざるを得ないことも有り得るでしょう。

また3つ目は、すぐに転職先が決まれば良いのですが、すぐに見つかることもないのが現状で、その場合は経済的にも不安になるはずです。転職先が決まらずにアルバイト生活をするなどの例もよくある話なので、十分に注意をしてください。

不安な引越しを伴う転職を成功させるためのポイント

自分のキャリアプランを考えてみよう

引越しを伴う転職をしてまで転職活動をするべきなのかを考えてみましょう。年収を上げたい場合は、地域によって年収格差があるのも事実です。地域別の年収格差の調査データによれば、地域によっては100万円以上の差が出ることもあるようです。

また、自分自身がやりたい職種や業種の棚卸をしておきましょう。全国47都道府県の有効求人倍率をみると、平均は1.43倍ですが都心部だと22.05倍にも上がるので自分が希望する職に巡りあえる可能性は高いです。

このように、引越しを伴う転職をしてでも、自分自身がやりたい職種や業種に就くことができて、年収が上がるようなら引越しを伴う転職は有効といえるでしょう。また、引越しを伴う転職は心機一転として頑張れるチャンスでもあります。

他県に引越しする転職で後悔しないためのポイント

他県から都心部に引越しをして転職する場合には、3つの注意点があります。ここでは3つの注意点を紹介していきます。

1.住む場所や賃貸料の高さを覚悟する

地方から上京するなど、大きく環境が変わる引越しをする場合は賃料や通勤環境について事前に覚悟をしておいたほうが、大変な目を見ないでしょう。都心部の人気のある市区町村のシングル向けの家賃相場は10万円前後です。人気の市区町村なのでかなり高い平均金額ですが、その他の都心部でも家賃のコストは高めになってきます。

もちろん、探せば安い賃貸もあるでしょう。けれど、転職先を決めてから逆算的に住む場所を絞るほうが、アクセスも賃料も満足できる住まいを探し出すことができるでしょう。

2.通勤ラッシュを想定する

都心部で働く場合は、通勤ラッシュが大変なことも頭に入れて住まいを探すと良いでしょう。「通勤ぐらい我慢ができる」と考えていても、実際に都心部の通勤ラッシュを経験してみると「もう無理かもしれない」と感じることも多々あるようです。それぐらいストレスになります。実際に、通勤ラッシュに耐え切れずに引越しを経験する人もいます。

3.住む地域の治安や雰囲気を調べる

都心部では遅くまでお店が開いていることもあり、夜も安全なイメージもありますが地域によって治安の良い悪いはあるでしょう。住んでみないと分からない部分ではありますが、賃料と通勤環境を合わせて雰囲気にも気を配ってみましょう。特に女性は住み始める前に不動産業者などから情報収集をしてみることをオススメします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る