未経験職種への転職が心に浮かんだら?不安を解消するための2つの方法

目次

営業事務転職

せっかく就職できたのに、思った仕事と違いすぎて辛い…

特に学生時代の就職活動は、未経験の状態で行うため想像していた
仕事内容と違い、ギャップに苦しむことが多いでしょう。

20代~30代前半ならまだイケる?未経験職種の転職

管理人も比較的社交的で、初めての人でも気兼ねなく話せることから営業職が向いているとよく言われました。一方で事務職など一日中社内にいる仕事は不向きを感じていて…

実際に営業職に就いてみると、あまりの数字に対するガッツのなさに苦しみ、2年足らずで初めての転職をすることとなりました。

未経験のしごとをしてみたいと思った時、未経験職種に志望する壁が、どうしても出てきます。一方、若い人(20代~30代前半)は比較的、未経験職種への転職はしやすい傾向にあります

転職スーツ

就職はしたけれど、自分の予想外な適正を知り未経験職種にチャレンジしたいあなたにとって、大切な不安解消法を2つお伝えしたいと思います。

1.「なぜ」を深掘りして志望動機を明確にしよう

例えばあなたが営業職に就いたものの、事務職に転職したいと考えた場合…

先の管理人の例ではないですが、営業職の人がいざ数字のノルマに苦しみ、ノルマのない職種へ転職したい。数字のプレッシャーから解放されたいというケースはよくあります。

私自身1年弱の転職支援経験でも、ノルマから解放されたいという本音は正直、よく耳にしました。

何を隠そう、自分自身同じ悩みを抱えていましたし…気持ちもよく分かります。けれども転職活動の志望理由で決して言える内容でもありません。
注)ノルマが尋常ではないケースは別ですが、基本的には志望理由には不向きでしょう

そんな時、自分自身の転職はもちろん。
キャリアコンサルティングで悩む人を前に、よく伝えて実行してもらったのがこれです。

「なぜ今の仕事がイヤなのか?」と繰り返し自分に問いかけることで、ネガティブではない志望動機を具体的にノートなどに書き出す

転職紙に書く

最初の段階では本音満載です。履歴書や職務経歴書にも書けません。

ただ、「なぜ?」は最良の質問とも呼ばれているので、繰り返して深堀することで、必ず自分の「想い」や理由に辿り着きます。

ここで書いた、未経験職種への転職志望動機は自分の本音であり、言語化して履歴書や職務経歴書に書いておくと、説得力が違います。

自分自身、転職する時の動機が明確になるため、アピールする時の説得力も変わってきます。

人生、思うようにいかないことはけっこうあります。思っていた仕事と違っていて辛いという体験も、今のあなたにとって大切なことです。
大切なのは、その辛い経験をどうやって向き合うか。
働くというキャリアプランの中で、どのように自分らしいキャリアを築く一歩になるのかってこと。

この「なぜ」との向き合いをノートに書く行為は、今悩みが深くなくても必ず、一度は挑戦した方がよい作業です。
休日など時間制限の少ない時に、自分と向き合える環境を作ってぜひやってみてください。

漠然とした不安が、自分のキャリアの棚卸しにもなるし、自分に自信を持つことができるきっかけになるはずです。

2.転職しない「現状維持」という選択肢も考えてみる

転職するか考える

今の勤めている会社でも、あなたが就きたい職種で働いている人はいますか?

もしいるのであれば、どうしたらあなたもそのポジションにつけるか模索してみるのも大切です。

というのも、転職コンサルタントをした経験上、やはり転職回数が多いのはマイナスに取られる採用担当者も多いからです。

転職回数が多い時点で採用書類に目を通さない企業さんもいました。
つまり、将来本当に必要な転職のために、転職回数を温存しておく。
その可能性も考えた上で、本当に必要な転職なら行動に移すことができます。

参考までに、私自身の22歳。新卒2年目のケースです。

(下図の22~23歳の時のお話)

20代女性転職年収

新卒で金融企業の総合職(営業職)でしたが、実際は新規開拓ばかりだったこと。また数字というノルマが辛く悩んでいました。

一方で案件企画書作成などの事務処理が楽しいと思い、事務職に就きたいなーと転職活動をしたのです。

営業事務で転職が決まったものの、いざ退職相談の段階で上司が一言。

「それなら内勤営業のAさんのポジション、あなたに変えようか?」

私自身は次の会社に気持ちが向いていたので、そのまま転職しましたが…
今の会社で経験を積んでからの転職…という選択肢もあるかもしれない。
特に若気の至りというヤツかもしれませんが、一度考え直す時間も必要だと思ったのです。

直属の上司に相談してみてからでも遅くはないです。
人事面談または個別に相談の時間をもらい、未経験職種への異動ができるかどうかを相談。
ステップが踏めない場合は、転職するという方法もあります。

未経験職種の転職を考える時の2つの不安解決法まとめ

  • なぜ現状の仕事がイヤなのかを深堀りしていく
  • 今いる会社で未経験の職種をできないかと探ってみる

以上2つの対策方法を書きましたが、いずれも自分と向き合う作業になります。
ただこの2つを行っておくと、改めてキャリアプランを考え直すこともでき、
いざ転職となった場合も、説得力のある面接ができるでしょう。

新卒で入った会社が合わない、すぐに転職したい! 第二新卒など若手向けの転職アドバイスや初めての就職支援に強い 会社はこちらをどうぞ!

ネットで転職活動

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る