転職に対する不安や迷いを消すにはどうすればいいのか?

迷いを拭い去る方法は?

転職をしたいと思っていても、不安や迷いが付きまとってなかなか実行に移せないという人も多いかもしれません。ここでは、決断するにはどうすればいいのか、迷いを捨て去る方法はあるのかなどを探っていきます。

迷いの原因が他者の声である場合には、それを受け入れることよりも、捨てることの方が重要です。転職をするのは紛れもなく自分なのです。人の意見に左右されているようでは、転職先でもうまくはいかないでしょう。転職を成功させるための第一歩は決断することです。

初めて転職する場合には、なかなか実行に踏み切れないということもあると思いますが、「悩んでいるのは自分だけ」と落ち込まないようにしてください。転職をした人は他にもたくさんいます。今の職場に不満を感じているなら、視野を広げるために新しい世界に飛び出す覚悟と決断をしてください。

人間関係が原因で転職を考えている人も多いかもしれません。逆に、今の職場の仲間と別れ難いという理由で転職を躊躇している人もいるでしょう。いずれにしても、新しく得るためには失うものがあると割り切ることが必要です。今のままでは何も変わりません。それを常に念頭に置いてください。

転職による年収のダウンを不安に思っている人は、改めて「なぜ転職をしたいのか」ということを自分に問いかけてください。収入が減ってもやりたい仕事をやるという強い熱意があるのなら、年収ダウンは不安要因にならないはずです。

年収が下がってしまったとしても転職先でしっかりと結果を残せば、能力を評価されて年収は上がっていきます。結果的に転職前よりも年収が大幅にアップしたという例も珍しくありません。

転職を成功させるために重要なのは、「やりたいことがある」ということです。「今の職場は不満だらけだから転職する」という理由よりも、「今の職場に不満はないが、年収が下がってでもやりたいことがあるから転職する」という動機の方が、成功する確率は高くなります。

転職の動機が人間関係の不満や、自分の能力が正しく評価されていないというような場合には、本当に原因が職場にあるのかどうかを、もう一度冷静になって考えてみましょう。これまでに何度も転職を経験しているような人は、原因は職場ではなく自分にあるのかもしれません。
繰り返しますが、「現状に全く不満はないが転職したい」という人の方が、転職に成功します。

思い切った決断と行動が転職を成功させる

転職に対する迷いと不安は、転職を決行するまで消えない可能性もあります。迷っているということは、まだ転職すべき時期ではないという考え方は間違いです。誰かに背中を押されたら、すぐにでも転職したいというのが本音のはずです。

悩むことはとても大事です。転職という、その後の人生を左右しかねない大きなイベントですから、時間をかけて考えるのは当然です。ただし、チャンスはいつまでも待っていてはくれません。どこかで決断をする必要があります。

転職したい業種や会社が決まっていて、転職後のビジョンも見えているのであれば、これ以上悩む必要はありません。「チャンスは2度も扉を叩かない」という言葉もあります。できるだけ早く行動に移りましょう。すでに、その時期は来ているのです。

どうしても決断ができないという場合には、転職エージェントに相談するのもひとつの手です。キャリアの相談や能力に合った求人の紹介などのほか、面接のスケジュール調整もしてくれます。ひとりで悩んでいると悪い方にばかり考えが進んで、転職を躊躇してしまいがちです。

まずは転職エージェントに相談をするところから始めてみてはいかがでしょうか。30万人以上の転職実績を誇る「リクルートエージェント」では、土曜日や祝日、20時以降でも相談できますので、今の仕事を続けながら相談をすることができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る