転職して上京したいけど不安という人がやるべきこととは?

上京転職を成功させるためには

東京で働く理由をはっきりさせる

上京して働きたいけれど不安という人は、まず、東京で働きたい理由を明確にするところから始めましょう。企業での面接では、必ず「どうして上京したいのか?」という質問をされるはずです。そのときに、面接官を納得させられる理由を持っていることが重要です。

「田舎での暮らしが面白くない」「なんとなく東京で暮らしたい」といったような理由で上京転職をすると、高確率で失敗します。特に、転職しても給与がほとんど変わらない場合には、コストの高い東京での暮らしが苦しくなることが予想されます。事実上給与ダウンということです。

上京転職のメリットとデメリット

東京で働くことのメリットとしては、どのようなものがあるのでしょうか。

仕事の選択肢が多い

あらゆる機能が集中しているため、田舎では就けないような仕事も数多く存在します。金融機関の多くは東京に拠点を置いているので、為替運用や事業投資などの金融業務は、東京ならではの仕事といえるでしょう。外資系企業の多さも東京の特徴です。英語力を活かした仕事に就きたいと思っている人にも適しています。また、テレビ局や出版社などのマスメディアの仕事も東京が中心です。

給与が高い

給与の高さも東京の特徴です。厚生労働省が2017年に発表した「賃金構造基本統計調査」によると、東京都の平均年収は615万5600円で断トツの1位です。2位の愛知県539万8600円と大きな差をつけています。有効求人倍率も全国1位で、東京が特異であることがわかります。
東京での暮らしには、地方にはないデメリットも存在します。

生活コストが高い

なによりも高いのは家賃です。駅から近ければ、ワンルームで10万円に近い家賃を取られることも珍しくありません。

ブラックな職場が多い

地方に比べて、いわゆるブラックな職場が多いというのも東京の特徴です。深夜営業している店舗も多いので、飲食店などへの転職は事前に業務の実態をよく調べておきましょう。

通勤ラッシュが酷い

通勤ラッシュの酷さも尋常ではありません。都心部は家賃が高いので、仕方なく郊外に住むことになる人は多くなります。そのため、連日朝夕、満員電車に揺られることになってしまうのです。

こういったストレスだらけの生活に嫌気がさしてしまい、数年で地元に帰ってしまうという人は後を絶ちません。地方出身の人にとっては、東京の人の多さにはなかなか慣れることができないようです。

上京転職を成功させるには

まずは転職先を決める

なによりも転職先を決めることを優先させてください。住居探しは後からでかまいません。仕事が決まる前から家賃の負担がかかると、転職活動に焦りが出て上手くいかなくなる可能性もあります。また、転職先が決まっていないために賃貸を借りることができないという例もあります。

東京への転職では、面倒でもその都度上京して活動をすることをおすすめします。上手にスケジュールを立てて、効率よく転職活動を進められるようにしましょう。

しっかりとスキルを磨く

上京して転職したいと考える人は全国に数多くいます。必然的に東京には優秀な人材が集まります。地方での転職活動に比べると、ライバルのレベルが高いということを忘れないようにしてください。転職先を妥協すれば、あっという間にストレスの多い東京の暮らしに疲弊してしまうでしょう。憧れだけで転職をすると失敗する最大の原因はここにあります。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用するというのもひとつの手です。「DODA」では、転職の成功まで1対1で徹底的にサポートしてくれるキャリアアドバイザーのほか、面接や応募書類についてアドバイスをしてくれる採用プロジェクト担当が、転職活動を支えてくれます。

このほか、一般には公開されていない求人情報を見ることもできます。スムーズな上京転職を考えている人は、ぜひ、転職エージェントを利用してみてください。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ転職サイトを探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る